葬儀だけでなく霊園や墓石も忘れずに

宗教

sousiki

日本は、世界的にも類を見ないほど宗教に関心の無い国である。
そのため、日本には数々の宗教が存在している。
キリスト教、仏教、イスラム教等様々な宗教が混在しており、いくつもの宗教施設がある。
宗教に関心が高い国の場合、このように宗教が混在することを許さない人が多いため、ある程度淘汰されてしまう。
宗教というのは、戦争になることもしばしばあるほどのものであるため、各国でも慎重な対応がされている。

宗教によって、葬式というものはかなり違ってくる。
見た目やルール等が大きく違っているため、葬儀を開く際、参列する際にはそれらの違いを把握しておく必要がある。

歴史

sougi

現在発見されている中で、最も古い葬儀跡とされているのがイラク北部のジャニダール洞窟にである。
この葬儀跡では、ネアンデルタール人と思われる遺骨が見つかっている。
これが葬儀だと思われている理由は、山羊の角が備えられていたり、洞窟内に花が添えられている形跡があったからである。
この花は、洞窟内には存在しない花粉であったため、葬儀のために花が添えられたと解釈されている。

共通

あらゆる宗教や国によって、葬儀は様々な形に変わっていく。
その中でも変わらないものももちろんある。
葬儀を行うということ、墓石等でお墓を作ること、この2つはどのような宗派や国であっても変わらない認識でる。

死後の世界があると信じられていた昔であるからこそ、このような儀式は行われていた。
現在では、生まれ変わりや死後の世界等を信じる人は少なくなっているが、このような儀式はなお続いている。
今もこのゆな儀式が続いているのは、昔からの名残と、死者に対する弔いのためである。

スペシャルトピック

boseki

平安時代

日本で墓石が作られたのは平安時代のことである。平安時代に、渡…

more